脱毛期間

脱毛に通い始めると、長期間で通う印象がありますが何故でしょう。だいたい平均して1年ぐらいは通っている方が多いです。
毛の生えるサイクルに合わせて脱毛を行っているところが主です。発毛にもサイクルがあり、成長期、退行期、休止期の3段階で1サイクルをまわっています。
成長期では、毛が成長して伸びている状態で私たちの目にする時期がこの成長期の毛です。生えてきたら剃っている人も多いです。
ここから1~2か月ほどで退行期に移ります。
ここでは毛の成長が止まり、抜け落ちます。ずっと同じ毛が生き続けるわけではなく毛も次々と生まれたり落ちたりを繰り返し新しい毛をつくろうとしています。そしてそこからさらに1~2か月経つと、休止期になります。毛が抜け落ち、次の成長が始まるまでの活動停止期間になります。

健康な毛の場合はこの1サイクルがおおよそ4か月程度です。脱毛は、この周期にあわせて行っています。
脱毛は、成長期(毛が成長している状態の期間)で行うため、平均して2~3か月ごとの施術で行っています。もちろんこのサイクルには個人差があるので、人によりサイクルや回数は異なりますのであくまでも平均です。

私たちが見えている毛は成長期と退行期の毛で、脱毛の効果があるのは、成長期の毛だけなのです。成長期の毛に対して行うためにも、同じ部位を繰り返し脱毛する必要があります。ですので、4回程度の成長期で脱毛を行います。冒頭の1年間かかるというのはそういう理由があるからです。

Copyright © 2014 脱毛に掛かる期間 All Rights Reserved.